Eurasia Group GZERO SUMMIT: Japanese | シャーリー・フリードマン  
GZERO Summit 2022
This links to the home page
2021年スピーカー
シャーリー・フリードマン   
シャーリー・フリードマン  
ユーラシアグループ 気候変動・サステナビリティディレクター
CONTACT INFORMATION
v-card icon V-Card

シャーリー・フリードマンは、ユーラシア・グループの気候変動・サステナビリティ分野を担当し、環境・社会政策や、エネルギー企業のほか、工業生産、小売、サプライチェーン、テクノロジーに関連する企業、アグリビジネス、金融機関などに影響を与えるトレンドにフォーカスしています。また、国や地域・分野を超えて日々進化する政策が、現在及び将来のビジネスに与える影響について分析しています。

シャーリーは25年以上にわたり、気候変動やサステナビリティ課題に携わってきました。京都議定書をめぐる国際交渉では米国政府のメンバーとして従事し、その後はベンチャーキャピタル、コンサルティング、銀行などで活躍してきました。

ユーラシア・グループに入社する以前は、世界銀行グループで民間セクターを支援する国際金融公社で気候戦略立案を担当するとともに、再生可能エネルギー、インフラ、バッテリー貯蔵、持続可能な廃棄物、電気自動車、低炭素都市、水素のほか、二酸化炭素の回収・利用を含む新しいグリーンテクノロジーに焦点を当てた業界専門家のチームを指揮しました。

タフツ大学で政治学と音楽の学士号、ジョージタウン大学で公共政策の修士号を取得